年金制度

Sponsored Link

試用期間中に社会保険に未加入なのは違法ではないのか?

試用期間中は社会保険に未加入でOK?

 

例えば、こんな相談を受けた場合は、どのように対処しますか。

 

「当社では、従業員を採用する場合、3月は試用期間として取り扱い、勤務状態の良好な場合に正社員として社会保険に加入させていますが問題ないでしょうか」

 

正解は「問題あり」です。

 

試みに使用される者は、勤務の永続性が前提となっていますので、いわゆる臨時に使用される者とは性質が異なります。(昭和26年11月保文発5177)。

 

つまり、期間をさだめない正社員として採用することが前提であれば、勤務を開始した日から社会保険に加入しないといけません。

 

会社側としては、3カ月の試用期間を経過して健康保険の被保険者にするのではなく、採用した日(試用期間の初日)から5日以内に資格取得の届出をしなければなりません(健保則24条など)。

 

もし、資格取得の届出をしていなければ試用期間の最初の日にさかのぼって、手続をしなければなりませんし、また、3月経過した日から資格取得の届出をした場合には、資格取得日の訂正を行わなければなりません。

 

日本年金機構のホームページでも書いてありますが、、雇用契約書のあるなしに関係なく、会社で勤務し、労働を提供した見返りに給料を受け取る場合は、「常時使用される」ものとされ、社会保険の加入の手続きをしないといけません。

 

会社が社会保険に加入させてくれない場合の対応

 

会社側は3か月は試用期間なので、社会保険は未加入です、自分で国民年金、国民健康保険の保険料を払い続けてください、と言ってきた場合、どのように対応すれば良いでしょうか。

 

この場合、まずは、最寄りの年金事務所へ相談することをおすすめします。

 

会社側の対応は明らかに法律違反ですので、行政に訴えることで会社に指導してもらうようにしましょう。

 

健康保険・厚生年金保険と国民健康保険・国民年金の間では、明らかに給付の手厚さが違いますので、是非とも加入を求めていき、それを認めないような会社でしたら、ブラック企業と言ってよいでしょう。

 

確かに、保険料負担は会社側には結構な負担にはなりますが、法律違反をしてもよいという理由にはなりませんので。

Sponsored Link

関連ページ

法人の取締役、役員などは社会保険に加入できるの?
日本の年金制度の仕組みや年金実務をわかりやすい説明します。年金制度改革や歴史、問題点などについても丁寧に解説しています。
社会保険は2月以内の雇用期間なら未加入OK?
日本の年金制度の仕組みや年金実務をわかりやすい説明します。年金制度改革や歴史、問題点などについても丁寧に解説しています。
事業主が外国人だった場合、社会保険は未加入でOK?
日本の年金制度の仕組みや年金実務をわかりやすい説明します。年金制度改革や歴史、問題点などについても丁寧に解説しています。
従業員が減って要件を満たさなくなると社会保険の適用は外れる?
日本の年金制度の仕組みや年金実務をわかりやすい説明します。年金制度改革や歴史、問題点などについても丁寧に解説しています。
社会保険の一括適用で手続きを簡素化できる?
日本の年金制度の仕組みや年金実務をわかりやすい説明します。年金制度改革や歴史、問題点などについても丁寧に解説しています。
個人商店は社会保険(年金・医療)に適用にならないのか?
日本の年金制度の仕組みや年金実務をわかりやすい説明します。年金制度改革や歴史、問題点などについても丁寧に解説しています。
複数の事業所に雇用されるようになったときの手続きは?
日本の年金制度の仕組みや年金実務をわかりやすい説明します。年金制度改革や歴史、問題点などについても丁寧に解説しています。
会社を社会保険に加入させるには新規適用届が必要です
日本の年金制度の仕組みや年金実務をわかりやすい説明します。年金制度改革や歴史、問題点などについても丁寧に解説しています。
家族経営の従業員も社会保険の加入はできるのか?
日本の年金制度の仕組みや年金実務をわかりやすい説明します。年金制度改革や歴史、問題点などについても丁寧に解説しています。