年金制度

Sponsored Link

全国健康保険協会(協会けんぽ)とは何か?

全国健康保険協会(協会けんぽ)とはどういった組織なのでしょうか。

 

現在、健康保険の運用はどのようになっているのか、昔は政府管掌健康保険と言われていましたが、平成20年に大きく変わっています。

 

現行の健康保険法に基づく適用業務、保険給付および保険料の徴収等の運営を行っている保険者は、全国健康保険協会(全国健康保険協会管掌健康保険)と健康保険組合(組合管掌健康保険)です。

 

法律改正により、平成20年10月に、従前の政府管掌健康保険が全国健康保険協会(以下「協会けんぽ」という)に改変されました。

 

昔は社会保険庁が担当していた事業でしたが、数々の不祥事で崩壊、それにともなって、協会けんぽという組織が独立した形になっています。

 

協会けんぽの組織は、東京に本部、各都道府県に1つずつ支部が置かれております。

 

本部には運営委員会、支部には評議会が設置され、事業主および被保険者の意見に基づく自主自立の運営が行われています。

 

Sponsored Link

 

社会保険庁(社会保険事務所)にはもう届出はしなくなっている

 

保険給付や保険事業の内容については、法律改正以前とまったく変更はありませんが、各種の申請書および届出書の提出先が、次のように変更になっています。

 

協会けんぽの都道府県支部に提出すべき申請等は次のとおりです。

 

 ・保険給付関係(各種保険給付の申請書)

 

 ・任意継続被保険者関係(資格得喪申出書・被扶養者届・住所変更等)

 

 ・健康保険被保険者証関係(再交付申請書等)

 

 ・保健事業関係(検診・保健指導の申込)

 

 ・貸付事業関係(高額医療・出産費貸付の申込)

 

そして、日本年金機構(旧社会保険庁)の年金事務所に提出すべき届出は次の通りになっています。

 

 ・事業所関係(新規適用届・事業所関係変更届等)

 

 ・被保険者資格関係(資格取得届・資格喪失届・被扶養者(異動)届・報酬月額変更届・報酬月額算定基礎届・賞与支払届等)

 

 ・事業所の保険料納付関係(保険料口座振替納付(変更)申出書)

 

保険料計算をするための保険料率については、支部被保険者(各支部の都道府県に所在する適用事業所に使用される被保険者および当該都道府県に居住する任意継続被保険者)を単位に決められます。

 

そのうち一般保険料率は、1000分の30(3%)から1000分の120(12%)までの範囲で都道府県単位保険料率として協会が決定します。

 

協会けんぽのサイトなどで、都道府県単位の保険料率を確認すると分かりますが、全国平均で10%です。

 

つまり、労使折半で労働者の負担は収入の5%です。

 

結構でかいですよね。

 

一番高いのは佐賀県の10.33%、一番低いのが新潟県の9.79%。

 

だからといって、新潟県のほうが優れているとかそんな話ではありませんが。

 

これとは別に介護保険料が1.58%取られます。

 

 

 

 

Sponsored Link